Uncategorized

【初心者Webライター必見】仕事を取れるライターと取れないライターの違い

「Webライターの仕事、何回応募しても全然受からないな。」

「仕事を取れる人と自分の何が違うんだろう?」

「仕事を取るためには何をすればいいんだろう?」

こんな悩みを持っていませんか?   

私も同じ悩みを持っていました!

独学でWebライターについて勉強したけど、仕事を受注できない日々を過ごして3年。
案件を受注できるライターと案件を受注できないライターには具体的な違いがあることに気づきました。

この記事では、仕事を取れないライターと取れるライターの違いについて解説していきます。

ぜひ最後までお読みください。

   

初心者Webライターが仕事を取るために出来ていないこと3選

応募の数が足りていない

勇気を出して応募したけど、中々取れず諦めていませんか?
今は辛いかもしれませんが、案件に受かるまで応募しましょう!
私も最初の案件を取るために提案文を100件、送りました。
最初は案件が取れなくて当たり前。
諦めず応募し続けましょう!

良い提案文が出せていない

提案文では「○○のジャンルのライティングが得意です。」「Wordpressの使い方が分かります。」など自分ができることだけを書いて送るのはやめましょう。
重要なのはその提案文が発注者の希望に添えているかどうかです!
募集要項に書かれている内容も汲めていない提案文を送っても「この人、募集要項読んでくれたのかな?」って思います。
また同じ提案文をコピペして、使い回すのは言語道断です。
特にやめましょう!

各メディアの内容に沿った実績や提案、できれば共感なども加えて書けると応募者の中で目立つことができるので受注率も上がります。
案件ごとの要望に沿った内容の提案文を作るように心がけましょう!

ポートフォリオのクオリティーが低い、そもそもポートフォリオがない

ライティングの発注において一番重要なのはポートフォリオです。
そもそも経験のない人に仕事を任せようとは思いませんよね?
この記事を読んでいる人は案件を受注したことがない人が多数だと思うので、まだポートフォリオと呼べる実績はないと思います。
その場合は、応募した案件に沿った記事を提出してみましょう!

ポートフォリオを提出する際のポイントとしては下記5点を理解しているかを発注者は確認しています。

  • 構成
  • タイトル
  • リード文
  • 見出し
  • SEO

しっかり学んでから案件に応募しましょう!

初心者Webライターが仕事を取るためにやるべきこと4選

SNSアカウントを作る

おすすめはX(旧twitter)です。

  • ライター同士で繋がりを作れる
  • 情報収集につながる
  • ライター募集のpostが流れてくる

などがX(旧Twitter)のメリット。
ライター関係のpostなどしているとお仕事の依頼が来るときもあります。
少しでも案件受注量を上げたい方はすぐにアカウントを作りましょう!

オンラインサロンに入る

  • 人生逃げ切りサロン
  • StockSunサロン
  • 堀江貴文イノベーション大学(HIU)

    などのビジネス系のオンラインサロンは私たちのようなサラリーマンが普通に生活しているだけでは出会いないようなインフルエンサーであったり、決裁権を持った経営者の方と出会うチャンスを作ってくれます。

    クラウドソーシングなどのオンラインでの営業より、顔が見えるオフラインで営業した方がプレゼンもしやすいし、信用もできるので受注確率が上がります。

ブログを書く

ブログを始めると

  • ライティング能力が上がる
  • ポートフォリオとして活用できる
  • SEOスキルを証明できる
  • WordPressの使用する上での知識がつく

などのメリットがあります。

企業が求めているWebライターの条件を簡単にいうと「売上を上げてくれるWebライター」なんですよね。
その上で一番に欲しい能力がSEOのスキルなんです。
SEOというのは「Search Engine Optimization」の略称で、Googleを始めとした検索エンジンの上位表示を取ること。
企業は検索エンジンの上位表示を取ることで検索結果からの流入や売上上昇、リード獲得するためにWebライターに仕事を依頼するので、ブログ運営をしているWebライターとブログを運営していないWebライターと差別化できるので仕事の受注確率もupします。

クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシングを活用することはWebライターが仕事をとる方法として、とてもおすすめ!

今回はまだ案件を取ったことがないWebライターにクラウドソーシングサイトとして下記8点をおすすめのします!

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • シュフティ
  • ビズシーク
  • クラウディア
  • Jobhub(ジョブハブ)
  • Work Shift
  • Anycrew
  • 副業クラウド

まだ案件を取ったことのないWebライターの方は全部登録することをおすすめします。。

初心者Webライターが仕事を取る前に知っておくべきこと3選

最初から文字単価1円の仕事は取れない

初めての案件獲得から文字単価1円以上の仕事を受注するのは正直難しいです!
企業は経験がなく、信頼できないWebライターに予算を割くことができないからです!
想像してみたください。
あなたが事業の担当者になったとして、一記事数万円の予算を出したWebライターの記事が全然伸びなかったり、売上に繋がらなかったとき、その担当者は責任を取り、評価が下がってしまいます。
なので、最初は文字単価の高い案件は取れないと割り切って0.6〜0.8円の案件からお応募しましょう!
実績を積むことで高単価の案件につながります、
最初は信頼を積むために低単価の0.6〜0.8円の案件を取りに行きましょう!

決して楽な仕事ではないことを知ろう

文字を書くだけでは稼げないのが、Webライターという仕事です。
先ほども説明しておりますが、Webライターの仕事はクライアントの売上を上げることです。
そのためには

  • ライティング能力をつける
  • SEOの知識をつける
  • WordPressの使い方を学ぶ

最低でも上記3点のスキルを身につけ競争に勝たないといけません。
「隙間時間で楽に稼ご〜」「独学でも大丈夫でしょ!」「勉強しなくても周りに勝てそう」
なんて思ってるなら大間違いです!

独学でライティングを学ぶのは時間のムダ

ここまでWebライターについて説明してきましたが、しっかり勉強して、スキルをつけて、営業すれば、案件は必ず獲得できます。
ライティングを学ぶなら、Writing Hacksがおすすめです!
私自身受講しましたが、体系的に分かりやすくライティングについて学べますので、

「Webライターの案件応募してみたけど全然受からないな。」

「仕事取れたけど、単価が低くて稼げないな。」

とお悩みの方はぜひ受講してみてください!

最後までお読みいただきありがとうございます。
ダイナカでした!

-Uncategorized